あばうとSS目次恋愛SS-N恋愛SS-R恋愛SS-S恋愛SS-×作品感想妄想悪戯描き雑談返信お知らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|

【夏草ブラザーズ】(夏草君SS)

旧ブログの20万HITのアンケートの三位になった夏草君視点SSです。
弟君たちが出したくて、このネタで頑張ってみたのですが、やっぱり上手く料理できなかったみたいです。
超短くて、オチも微妙~。

夏草君視点は他の話でリベンジしたい気もします。

とりあえず「続きを読む」からどうぞ
◆◆◆
 山田のところに電話して、宝校の文化祭に行く時の待ち合わせを決めて電話を切ったら、横に亮太がいた。
「透太君」
「ん、なんだ亮太」
 電話切るの待ってたのか。
 亮太は翔太と違って、用がないのにこんな風に話しかけるのを待ってたりはしないから、用があるんだろう。
 うちの兄弟の中じゃ勉強もできるし、亮太はなんとなく椿に似てるよな。
「透太君、宝校行くの?」
「ああ、文化祭、友達に呼ばれたんだ」
 一緒に連れてってとか言うのかな。……うーん、弟連れてっても平気かな。
 平気か。花井は大丈夫だろうし、山田も大丈夫だろうし。
 うん、大丈夫、と答を用意した所で、亮太は言った。
「じゃあさ、学校案内のパンフレットみたいなのあったらもらってきてくれないかな」
 ……パンフレット。
 パンフレットでいいのか。直接見るんじゃなくて。
「何に使うんだ?」
「パンフレットの使い道なんて、見る以外にある?」
 ……うん、見る以外にはないなぁ。
「亮太、宝校行きたいのか?」
「うん、進学校だし、公立だから授業料安いし」
 小学校四年で、そこまで考えてるのかー。
「俺は多分亮太が高校入る頃には働いてるから、授業料とかあんま気にすることないぞ?」
「……透太君は大学行かないかもしれないけど、行こうと思ったら現役で入れると思えないんだよね」
 え。
「ストレートでも透太君が卒業する前に僕は高校に入るし、浪人したら二年以上重なるし」
 ええ……
「亮太、ナマイキすぎ」
 俺が絶句してる間に亮太の後ろに来てた翔太が、亮太の頭をペンと叩いた。
「痛いな! 翔太君」
「ナマイキなこと言ってるからだよ」
「僕が高校行く時、まさに翔太君が大学行くんじゃん。二人進学って大変じゃない」
 亮太は賢いから、気を回しすぎなんだよなあ。
 俺もそうだけど、翔太が大学行くとは限らないし、そんなに気にすることないのに。
「だからそれが生意気だって」
「翔太、やめとけって。亮太、パンフレットでいいのか? 兄ちゃんと一緒に見に行くってのもあるぞ」
「パンフレットでいいよ。……まだ先だし、透太君、友達と一緒に行くんでしょ。邪魔はしないよ」
 やっぱり気を回すよなー。
「わかったよ」



 そんなわけでと帰り際に、みんなにパンフレットを貰いに行くのに付き合ってもらった。
 無事にパンフレット貰って帰ってきて。
「ほら、亮太」
「ありがと、透太君……どんな学校だった?」
「普通だったよ」
「普通?」
 進学校だから、お堅い想像をしてたのか。
 でも普通だったよなあ。
「普通だった」
「普通ってどんな風に?」
「ミスコンやってて、友達が出てたんだけど、執事のコスプレしてた」
「…………」
 ……普通だよな?
「……受ける前にはちゃんと自分で見にいくことにするよ」
  1. 2011/09/05(月) 00:21:54|
  2. 恋愛SS-N|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。