あばうとSS目次恋愛SS-N恋愛SS-R恋愛SS-S恋愛SS-×作品感想妄想悪戯描き雑談返信お知らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|

【椿くんとかのこ猫 9】(椿かのこ 夢オチ 超小ネタ)

早々ですが、冬コミペーパーより再録。
というか、サイト見てない人もいるだろうに、何故これをペーパーに載せようと思ったのかが思い出せません。
前の話を見てないと、本当に電波話なのにね…これが修羅場脳か…


続きを読むからどうぞ。
◆◆◆
 椿君に、頭を撫でられている。
 ――これは、夢だ。
 私に猫耳と猫しっぽがついている夢だ。
 夢なのは毎度の夢なのでわかるんだけど、気が付いたら椿君の膝の上で椿君に撫でくり回されている開始というのは、なかなか斬新な夢の始まり方だった。今までは椿君は後から登場だったもんね。
「にゃー」
 今日も私はにゃーしか言えないのか……でも、猫耳取っちゃうと喋れるようになっちゃうけど、危険なんだよね。猫耳があれば猫として椿君に飼われてることになってるけど、猫耳が外れると人間のまま飼われていることに……
 ……待って! 頭撫でてると猫耳外れないか!?
「苗床」
 わ! 外れた!?
 椿君の目が急に色っぽくなった気がした。
 頬にキスしてくる……このくらいならまだ本物の椿君もスキンシップ過剰だから変わらないけど、これ以上はまずい!
 私は慌てて自分の頭を探った。
 外れてる!
 どこだ、猫耳ー!
 頭から外れて落ちたんだとしたら、床か!? ソファーの上か!?
「苗床、逃げるなよ」
 ソファーの上に押し倒されて、絶体絶命……ってところでソファーの上に落ちてた猫耳カチューシャが手に当たった。
 頭に装着!
 ま、間に合って……!
「にゃー!」
「……どうした、かのこ? 腹減ったのか?」
 取れなかった時の方が、楽だったな……これ。
  1. 2012/01/14(土) 11:24:50|
  2. 恋愛SS-S|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。